year note

MEDIC MEDIA

MEDIC MEDIA  |  お問合わせ  |  サイトマップ
『イヤーノート』と『クエスチョン・バンク総合内科専門医試験 予想問題集』で総合内科専門医試験対策

【注】試験の正式名称:認定内科医資格認定試験(以下 認定内科医試験)/総合内科専門医資格認定試験(以下 総合内科専門医試験)

内科専門医制度が変わる…!

現在,日本内科学会が定める"認定医制度"上の資格として「認定内科医」と「総合内科専門医」が存在していますが,2016年(第110回)以降の医師国家試験合格者に対しては,新たな内科専門医制度が導入される予定です(新試験は2021年より実施予定).
2015年(第109回)以前の国試合格者に対しては,現行の総合内科専門医資格を有する方は「新・内科専門医」となり,さらに基準を満たせば「新・内科指導医」に認定されます.

この措置的移行期間(2020年度にかけて設けられる予定)中に 総合内科専門医試験を受験しようと考えている先生方も多く,近年受験者数が急増しています.
対して合格率は毎年低下しており,2016年は56.7%と,非常に難しい試験となっています.

[参考:一般社団法人日本内科学会ホームページ(2017年3月現在)より]

『クエスチョン・バンク総合内科専門医試験予想問題集』(別売) が登場!

クエスチョン・バンク総合内科専門医試験予想問題集

問題集『クエスチョン・バンク』シリーズに新たな総合内科専門医試験の書籍が加わりました.
過去の受験生の先生方から寄せられた出題内容や難易度などの情報を参考に,専門医に予想問題を作成いただきました.
ガイドラインや診断基準の改訂,新薬,近年のTOPICなど「up to date問題」対策の予想問題も多数掲載しております.
非専門分野の新しい知識のフォローにお役立てください.
『イヤーノート』,『イヤーノートTOPICS』にも対応しています.

■ up to date問題の出題例
・t-PA静注療法の除外項目
・SGLT2阻害薬,抗PCSK9抗体,コリスチン
・デング熱,エボラ出血熱,MERS,etc.


Vol.1【発売中】(→書籍情報はこちら)
Vol.2NEW【2017年7月14日発売】(→書籍情報はこちら)

総合内科専門医試験対策に『イヤーノート』が使えた!

医師国家試験対策や卒後臨床研修の定番書籍となっている『イヤーノート』ですが,実は,認定内科医試験・総合内科専門医試験についても,受験生からいただく情報に基づきほぼ毎年出題内容を反映しています.
そのため付録の『内科系専門医試験 Quick Check』とあわせて,近年は内科系専門医試験対策の定番書籍としても,多くの先生方に活用していただいています.

特に近年,「『イヤーノート』が総合内科専門医試験対策で使える!」というご感想が急増しました.
このうち,『イヤーノート』メインで試験対策をなさった40代のS先生に,勉強法を具体的に教えていただきました.

●総合病院勤務(腎臓内科)S先生が語る勉強法

周りが続々と受験しだしたため、卒後18年目にして総合内科専門医試験受験を思い立ちました。
合格率が低い(60%強)ため不安で調べたものの、過去問などの情報が乏しく対策のイメージがわきません。
日常診療と別の専門医試験の受験とも重なったため、実質的な準備期間はせいぜい1~2ヵ月しかなく迷う暇もない。そこで先達のブログで頻回に推されていた『内科系専門医試験Quick Check』を得る目的で『イヤーノート』を購入。

1まず『内科系専門医試験Quick Check』を解き、『イヤーノート』で確認

まず内科学会の「セルフトレーニング問題」を試しに手を付け、さっそく解けない問題が多くて焦る…。
このためセルトレと平行して『Quick Check』を解き始めたところ、これが自分の知識をチェックするのに有用で、自分が思っていた以上に内科全般の知識があやふやになっていることを認識。
自信がない分野は『イヤーノート』本文を読みました。結局、半分くらいを読破してしまった…。

2『クエスチョン・バンク(QB)総合内科専門医試験』で力試し

次に、力試しに『QB総合内科専門医試験』を解きました。
最新の知見を問う「up to date問題」(の予想問題)は、聞いたことのないものが多くかなり役立ちました。本番に出たNMDA受容体脳炎…QBを解いてなかったら解けなかったと思います(笑)。
QBを解きながら、必要に応じてイヤーノート付録TOPICSを流し読みしました。

3『Quick Check』と『QB』、ATLASで総チェック

最後にセルトレと『Quick Check』と『QB』の間違えた問題を復習し、通勤時間にイヤーノート付録の『ATLAS』を眺めました。
1ヵ月前に解いた記憶がけっこう消えており焦りもしましたが、「全範囲はみた」という感覚が得られ成長も実感。勢いづいて書籍についていた割引クーポンを使いアプリ版『イヤーノート』を購入。アプリ版は瞬時に画像が呼び出せ、『Quick Check』のアプリ版もついているので復習時に活躍。通勤時などにもっと早く使えばよかったと軽く後悔しました。

さて本番は、7割は認定内科レベルの問題で、残り3割がさらに専門的な知識を要求する問題だった印象。
Quick Check』と『QB』は受験生からの情報をもとに問題を作成しているので難易度が本番に近く、この2つが理解できるレベルなら合格レベルに達するだろうと考えられます。

結局、総合内科専門医試験対策は、当初思っていた以上に『イヤーノート』と『QB』でカバーできました。
あれこれ手を出さずこの復習に集中したのが良かった
と思います。
最後に白状すると、ほんとに苦手だった神経内科は、恥ずかしながら研修医が置き忘れていった『病気がみえる』に助けられました…。

『Quick Check』アプリ版も便利

「mediLink版イヤーノートアプリ2018」に付録としてアプリ版の
内科系専門医試験 Quick Check』が収載されております.

アプリ版(iOS/Android対応)は携帯性や検索性に優れるだけでなく,
『イヤーノート』からすばやく『イヤーノートATLAS』の画像や
『イヤーノートTOPICS』の記事を呼び出せたり,
3,000円(税別)で次年度版へアップグレードできるという利点がございます.

書籍版には,アプリ版を割引価格(21,000円→12,000円(2017年7月末までキャンペーン価格6,000円))で購入できるクーポンがついておりますため,
書籍とアプリの併用をご検討の場合は,このクーポンをご利用くださいませ.
(※詳細は「アプリ版のご案内」ページをご覧ください.)

書籍のご注文はこちら (アプリ版割引クーポン付) アプリ版のご注文はこちら
『内科系専門医試験 Quick Check』  のアプリ版について その他のアプリ版の特長, 書籍版とアプリ版の違いについて
  • year note最新版の詳しい改訂ポイントはこちら
認定内科医試験・総合内科専門医試験情報ご提供のお願い
最新の情報を取り入れ,より有用な書籍になるよう,改訂・企画の参考にしてまいります.
ご協力いただける方はコチラにご連絡ください.担当者より追ってご連絡差し上げます.

◆第33回認定内科医資格認定試験(2017年7月2日実施),および第45回総合内科専門医資格認定試験(2017年9月10日実施)の情報提供の募集は締め切りました.
たくさんのご協力をありがとうございました.