year note

MEDIC MEDIA

MEDIC MEDIA  |  お問合わせ  |  サイトマップ

活用事例

『イヤーノート』は国試でできている. -医学生のための使い方-

mediLink動画との併用法

mediLink動画などのビデオ講座をメインに国試対策を進める人向けに, 『イヤーノート』や『クエスチョン・バンク(QB)』をどう組み合わせて使用すればよいのか, 先輩方の体験談にもとづいてご紹介します.

各教材の役割を明確化する ~T大学 R.Tさんの例~

ネット講座を軸に国試対策を進めましたが,ノートをとるために映像を一時停止しながら視聴していると, 普通に聴くよりも2~3倍の時間がかかります. ある日,「やみくもにノートをとることは効率的ではない」と,ふと思いました. 問題演習に費やす時間が増える! そこで,それまで辞書のようにして使っていた『イヤーノート』を,まとめノート代わりにすることにしました.
このようにして、 基本軸→ネット講座,情報のまとめ先→イヤーノート,問題演習→QB という位置付けを明確にしたことで,それぞれの教材を効率よくフル活用して国試にのぞむことができました!

解けない問題があるのはなぜ? ~T大学 T.Sさんの例~

僕は5年生からネット講座を見始めました.最初は何もわからなかったので,ネット講座で簡潔にポイントを教えてくれる のは,導入期にとてもわかりやすかったです. しかし弱点もありました.ネット講座を1周した頃には完全に勉強した気になっていたのですが, 6年の夏になっていざ「QB」を始めると…過去問がさっぱり解けなかったのです. なぜ?!そう,ノートはとても簡潔.ポイントの整理や勉強の導入には良いのですが,国試に出る情報をすべて網羅 できているわけではないんですよね.ノートにまとめた知識だけでは解けない問題も多々あるのです. また,「Werdnig-Hoffmann病ってなんだっけ??」と, 知らない病名が問題の選択肢にあるとき,自分が作ったノートは使いにくい. そんなとき役だったのがイヤーノート.
ネット講座があればイヤーノートはいらないかなあと思っていたんですけど, 先輩たちが使っていたわけをこのときになって納得しました. また,QBの解説文にはイヤーノート,病気がみえる,レビューブックなどの参照ページ がついています. わからないことをすぐ調べにいけるのはとてもよかった. これはネット講座の問題集にはないメリットでした. ただ,ネット講座のノートも復習に使いたい.自分でがんばって書いたノートだからこその使いやすさもあるのです. ということで最後は,ネット講座のノートのコピーをイヤーノートに貼りました. そうすると,QBを解きながら,イヤーノートもネット講座のノートも確認できる. とてもやりやすかったので,おすすめです.

その他の体験記

ネット講座とYN/QB併用派
まとめ先は何でもいい!~『イヤーノート』の例~(N大学 M.Oさん)
僕は情報のまとめ先として最後に『イヤーノート』を選びました.ポリクリやネット講座で聞く情報はイヤーノートでは省略されていることも多いので,自分で書き込んで,なるべくこの一冊にまとめるようにしました.他の冊子やネット講座からの情報は,あとで修正できるように,フリクションペンを使って書くのがおすすめです.気楽に書き込めます. また,どんな情報であっても,強調されていると感じたものは,イヤーノートで青字か黒字かを問わず,自分で下線を引いて,そのページに付箋をはり,本の上に出るようにしました. そして,その付箋のページは,繰り返し見るように意識しました. ノートでもアプリでも予備校のテキストでも,自分にとって良い形であればそれが一番だと思います.最初はどれがよいかわからないと思うので,早めに試行錯誤を始めたほうがよいと思います.
『イヤーノート』をベースに,一から始めるノートづくり (S大学 K.Nさん)
ノートを作る前は,『イヤーノート』などの参考書に,マーカーやペンで書き込む形をとっていました.しかしその方法を続けていたところ,5年の進級試験前に大きな壁にぶち当たりました.自分は字が汚くて,どんどん本が汚れていくのです….そこで,一から自分でノートを作る方針に切り替えました. どうやって書き始めたらいいかわからなかったので,書き出す情報は『イヤーノート』をベースに決めました.構成が決まれば,あとは字が汚くても絵が下手でも,自分がわかればいいですし.自分が試行錯誤して作り上げたものは,いずれ自分の大きな力になると思います.
必ず『イヤーノート』のページを見る!(T大学 H.Mさん)
ノート作りの基本は予備校のビデオ講座でよいと思います.そこに,他の書籍などから画像のコピー(僕(というか多くの人)は『病気がみえる』や『診察と手技がみえる』など)を組み合わせました.ただ,これだけではなく,ノートづくりの段階で,大切なことを学んだ疾患に関しては,必ず「イヤーノートのページを見る」のが重要です(これはメディックメディアの人に言われて書いているわけではありません(笑)). イヤーノートを見て,他にこんなことが青字になってるぞとか,これが最近のTOPICSなんだ,ということを知っておくと,直前の予備校の予想ともかぶることが多いし,直前期の自信につながりました.なにより,点が取れたという実感があります.本当におすすめします.
ネット講座の理解のお供に「YNアプリ」(H大学 H.Wさん)
ネット講義中に紹介されている疾患の病態が分からなかったとき,ふと浮かんだ疑問を解消したいと思ったときに,「YNアプリ」で調べました.疾患名や症候など様々なアプローチで調べ物をするのですが,「YNアプリ」の強みはその検索性の高さです.検索ワードを含んだページがすぐ表示されます.また,「YNアプリ」で見つけたお気に入りの『イヤーノート』の図表は,スクリーンショットで保存し,講義ノート(PDF)にはりつけて,何度も目に触れるようにして記憶の定着を図りました.
YN/QBオンリー派
『イヤーノート』を自分だけの国試攻略本に(T大学 T.Sさん)
国試対策にビデオ講座をとる人が多いですが,僕の場合は『QB』と『イヤーノート』を中心にして国試を乗り切りました.ビデオ講座の授業料はちょっと高いかな…とか,何時間も授業を聞いていても頭に入らなさそう…という人は,参考にして頂ければと思います. ビデオ講座を取っている人に比べると,こなした問題量は少ないと思いますが,QB+卒試+模試でやるべきことは十分(すぎるくらい)であり,本番も90%以上得点できたので,この勉強法で正しかったと思っています.QBでしか得られない,「基本・補足事項」の図表や「コメント」,「voice」の情報を教えてあげて,こちらは逆にビデオ講座の情報を教えてもらうといった感じで,協力し合って国試を乗り切ってください.
『QB』を活用する「お手製まとめノート」の作り方(T大学 H.Tさん)
僕はほぼ『QB』のみで勉強しました.それで全く問題ありません. まずはサラリと「1周目問題」をこなし,6年の夏頃から始める2周目で,QB完全制覇に燃えます.ただ,1週目問題と同じようにやるようでは「やった」という実感が湧きづらいと思い,僕はオリジナルの「まとめノート」を作成しながら進めました. QBには各疾患に対するエッセンスも, 症候に対する鑑別へのアプローチ法も,最近のトピックスも,仲間たちの声も, そのすべてが揃っています.しっかりとQBを解くことによって,相当量の力を付けることができます.ペース配分をしっかり決めて, 無理せず,楽しく,じっくりQBと向き合ってやってみてください.それだけで絶対受かります!
1.実習ではこう使え!2.ネット講座と併用するには?
3.アプリでQBと連携させよう! 4.国試直前期の使い方〜青字と黒字を使いこなす〜
  • 画像対策はこちら
  • 先輩の体験談 まとめて読みたい方はこちらから